定食屋さんでアルバイトをして接客面で学んだ事

お友達のご両親が経営する定食屋さんでアルバイトをしていました。
そこで学んだ事は接客の大切さです。

定食屋さんを営んでいた友達のご両親は、とても腰が低くって愛想も良くってお店の料理の味も凄く美味しかったんですが、お店の人気の秘訣はお二人のお人柄にあるのではないかと思っていました。

お客さんに嫌な思いをさせない接客。常連さんに気軽に話しかける暖かさなんかも今自分が大人になって改めて素晴らしいものだったなって思うんです。

決して何も意見を持たないとかでは無いんですよね、言い方が上手だったり、優しかったりするんです。
相手のことを想像できるということですね。

お客さん側からしたらすぐに分かる不便なところとかがいつまでも治らないお店とかけっこうありますよね。
そういうお店の店主は、一度自分の店に客として来てみればいいのにと思います。

大人になって自分は接客業についたわけではありませんが、どんな仕事にも通じるんですよね。傲慢になってはいけないなぁと思うんです。
結局は、人対人なんだなと思います。