地味なようで意外と楽しい、工場内での仕分け作業。

私が昔したアルバイトの中で印象深かったのは、工場内での仕分け作業です。
具体的に言うと、コンビニで売られている日用雑貨や食品、お酒などを「折りコン」と呼ばれる折りたためるコンテナに仕分けする仕事でした。

簡単にいうと、お店から注文された商品を、箱に詰めて出荷する仕事です。

私は、食品とお酒を運んで詰めてたんですが、食品は、米がとてもやばいのです。
米の袋ってとても破れやすく、目の前で米の袋が破れたときには・・・
頭の中が真っ白になります。

お酒の場合は、瓶が。割ると精神的ショックが大きかったです。
わざとじゃないので怒られることはありませんでしたが、物を破損してしまった時は、自分の中での落ち込みがすごかったです。

単純な作業ではありましたが、きれいに詰めて、それが出荷されて。
店頭に並んでいるんだなぁと思うと、なんだか楽しくなる仕事でした。

出荷先であるコンビニに行ったとき、私が触った商品かな?と思うと楽しくて。
3年程度続けたのですが、夏場の暑さですら今となってはいい思い出です。