モデルの仕事?は肩がこる

その昔私は絵のモデルになったことがあります。
町の絵画教室の人物モデルです。

モデルには二種類あって、服を来て普通にポーズをとる着衣モデルと、ヌードになる裸婦のモデルです。
人物画は重要な絵の勉強の一つで、裸婦は人間の骨格や筋肉などの観察、皆がよく知っている像であることからデッサンの狂いが一目でわかりシビアであることなどから非常に有用です。一般に想像されるようなエロチックな雰囲気はありません。
対して着衣モデルは、文字通り服を着ているので骨格を包んだそれらをどう表現するか、などが鍵になります。

5分だったか10分だったか決められたポーズで静止して休憩してはまた同じポーズをとる、を何回か繰り返ししこの仕事、かなりハードでした。なんとなく履いていったGパンも皆さんにがっかりされ、しかも二週つづきだったので同じ格好でいかなければなりませんでした。