小学生向け学習教材のセールス経験

学生時代、夏休みのバイトを探すためにアルバイト情報誌をチェックしました。
すると、高額報酬のバイトを見つけて「これだ」と思い、さっそく応募しました。

面接後すぐに採用され、仕事が始まりました。
そのバイトの内容はというと、小学生向け学習教材のセールスでした。
「やればやっただけ報酬が上がるやりがいのある仕事」という謳い文句につられ、この夏はこのバイトに掛けようというくらいの意気込みで臨んだのでした。
訪問する先が載った地図とサンプルの重い教材を持たされ、情報誌の求人で集まった私達バイト生は夏真っ盛りの中、セールスへと送り出されました。
滝のような汗を流しながら、とにかく家から家へと歩く、歩く。
でも、どんなに歩いて一生懸命話をしても、耳を傾けてくれるような人はいませんでした。一日に70軒くらいは歩きましたが、契約は取れず。
結局2日で挫折しました。しかし、その後数十年経ってから、健康飲料の訪問販売の仕事をしましたが、この経験があったせいかすんなりと仕事に馴染めました。